身内の種友(母)のプランター♪ 3週間前。
うわーシュッとしてるー!まぁなんとスッキリしたひと!

初めてお目にかかります!こんにちは♪
葉っぱ、扇子みたいに、こんなにキチンとキレイにたたんでるんだね…スゴイな…折り目正しい♪
こんな風に一枚でスラ~!っと立ち昇るなんて、思いもしなかったよ。

KIMG0235明度イエローダウン

これ……あのデーツタマルの芽、ナツメヤシです♪

はるばるイランからやって来て、日本でみんなで美味しく味わせてもらったうえ、こんなにも芽を出してくれました!
家族でモリモリ食べて(笑)、たぶん母は5月の中頃に植えてくれたんじゃないかな。芽が出たよ!と教えてくれたのが、7月のはじめの頃でした。

今日は、(また歯医者の帰りに実家に寄ったので(笑))
このナツメヤシたち、さらに伸びて大きくなって、ちょっと手狭になってきたので、植え替えします!
ガーデナー(母)が、土の再生材と腐葉土ね、と配合してくれたものを…

KIMG0791明度彩度

お水をかけてよく混ぜます♪この鉢、カラカラだと思うから、お水たくさんやってね。
は~い。あ、たのし~♪水かけるとこが楽しい。まぜまぜぐちゃぐちゃ…おぉ!なんだこのヨロコビ、ちょっと興奮♪

KIMG0801彩度

夢中で混ぜてると…
あーっ♪いたいた♪と向こうで虫の友(虫の友達=母)がウキウキした声をあげています。ちょっと、こっちきてごらんよ! な~に?

KIMG0810彩度明度色調

ほら♪センタイ♪こういう風に葉っぱの裏側とかにいるのよ。えらかったね~!よかったねぇ、ちゃんとかえって…後半は目を細めて蝉の抜け殻に話しかけています♪ほんとだ~!!いや、うまいことつかまってるなーこんなちっこいとこに…
ちょっと待って写真撮りたい…そのまま持ってて…
それとね、ほらこっちも♪ わーつやつやだ♪…

KIMG0814

だいたいみんなこういう低いとこにいるのよね。今年も庭でけっこう見つけてるんだ♪おねえちゃんに売ってあげよっか~って言っても一向に買ってくれないけど(笑)と母はふざけて言います。
センタイって何に効くの?とわたし。
知らない(笑)。あとで聞いとくね~。母はさらに違う木の葉をひっくり返すのにいそがしそうです。

写真を撮りながら、最初は抜け殻にフォーカスしていたのですが、何枚か撮るうち、わたしは画面の中で母の手を見ていたことに気がつきました。そこにあるのは、見たことがあるような手。わたし自身と親達の年齢の差が年々確実に縮まるように、わたしたちの手はますます似てきているように思えました。
ねぇ…っていうかさ、今写真撮ってたら、母さんの手、ほんとわたしそっくり。いや、わたしがそっくりなんだけど(笑)。よく似てんね~!大きいんだよね、ごつごつして、わたしたち。 そうね~(笑)。父さんとおねえちゃんは小さくておんなじカタチだもんね。これは私の母方の手ね。父はこういうんじゃないのよ。と母は微笑みます。 そっかー♪
祖父の足はどんなだか覚えていましたが、彼の手がどんなだったか、自分でちゃんと覚えていないことがちょっと残念でしたが、母が今、それを思い描いていることを感じてわたしはとても嬉しかったのでした。
それと、祖母の手はこういうんだったんだ、と母の手を見れることが、この太陽がサンサンと、いやジリジリと射し、蚊がプンプン飛び回り、頭の上で蝉がジージー鳴いている庭にいて、わたしにはなんだかとっても幸せでした。

…さてさて、土は準備完了!
それでは、ぐぐっと伸びたナツメヤシを…おぉ!けっこう根が深いです。隣とからまってるからそっ~とほぐしながら…ね、よこっちょのチビの2 匹はこの前はいなかったぞ!同じ時に植えても発芽の時期はけっこう幅があるんだな…。

KIMG0832明度コント

あーっ!付いてる付いてる♪ねぇ見て母さん!ほら、種そのまま♪
持ってて…撮りたい。母は再度息を止めてプルプルしながら撮影協力。

KIMG0843彩度明度コント

無事撮り終わると、腰がコキコキ言ってた(笑)、と。ごめ~ん!!!!!
でもさ、向こうの青いサルビアも写ってる♪


田植え♪
うわー日差しが大変なことになってきた…もうすぐお天道さまが真上かも…。
ほんとはこんなカンカン照りの日には植え替えしない方がいいんだけど…という母に、無理やり、やるー!と押し切ったわたし。ごめんねヤシ。
深々と指で穴を掘り…

KIMG0853


KIMG0864明度コント

元いたプランターは小さい子たちでね、もう少し広めにシェア。
同居しているのは、ムカシアサガオ。

KIMG0196スクエア

ムカシアサガオは隣のドイツアサガオの茶色いプランターにささった支柱にいっしょに巻きついて登りたいので、白いプランターはここが定位置。


ドイツアサガオはガーデナー(母)的に今年の新顔。生協さんで取ったんだって。
ドイツアサガオはムカシアサガオと比べて葉っぱがずっと大きいのよ。形もちがうでしょ?ほら。お花はね♪あんまり大きくなくて…そうね、すこし懐かしい感じ♪朝起きた時に見てね!とニコニコ顔で前の晩に言っていた母に、
ムカシアサガオの方は、日本のだから葉っぱ虫に食べられちゃうの?すごい人気じゃん。バッタ?と聞いたら、
日本のって言うか…なんていう種類のか知らない。(モジモジ)これは本当の名前じゃないからよそで言っちゃだめよ、私が言ってるだけだから、と(笑)。???ムカシアサガオってムカシトンボみたいな名前かと思ったよ。
聞くと、昔、10年ぐらいまえに近所の橋本さんにいただいた種から出た朝顔で、毎年種が飛んでいろんなとこから出てくるこの朝顔のことをそう呼んでるらしい。なーんだ!(笑)太古の品種なのかと(笑)。でも十年選手ってすごいね。
だから、デーツのプランターにもいたんだね♪強いね、素敵な種♪

…と、二階の窓がガラーッと開いて、(朝顔の支柱の先の三本の紐はその窓の手すりに結わえてあって、朝顔の弦はもう二階にタッチしています♪)
なにやってんの~?と父が顔をだしています。
食べたやつ~!ほらデーツ!芽出たのあっちの鉢に植え替えたの♪父さんの食べたのかもしんないよ、アレ!長いやつ♪ ほっほーぅ♪

ちなみに違う色のドイツ朝顔さん♪
なんか楚々として、ちょっとレトロモダン♪

KIMG0205カット明度

KIMG0203カットイエローダウン

花びらがとびきり薄くて、斑の色も淡―い。おとなしやかな風情だけど、ほんのりピンクに色づいたとこは、それでいてはっとする色っぽさ…やっぱりゆかたを思い出しちゃう。

上の3枚の写真は3週間前の朝に撮ったもの。炎天下では朝顔は花どころか、葉っぱまでしなしなになっちゃって、ぐったり…。早く夕涼みできるといいね。


スタジオに連れて帰る子も一匹♪
KIMG0870彩度明度コント


KIMG0885カット

満足♪




☆センタイのこと。

KIMG0883明度コント

姉が帰ってきたので、お茶を飲み飲みさっそく聞いてみると…
「蝉退」(こう書くのか~たしかに♪蝉が退いたあとの、ね、みんなで納得♪)は、
瘀血(おけつ)に効くって漢方の先生が言ってたよ~とのこと。
血の滞り、血行不良に効くということらしいです。

「蝉退」で調べてみると、漢方では、解熱薬、止痒薬として用いられてきた、とあり、風邪、じんましん、咽頭炎、喉頭炎、結膜炎、白内障などにも応用される…と出ます。アレルギーにも有効で、アトピー性皮膚炎に効く消風散というお薬などに含まれるとか。わー実際に使ってるんだ!と思うととっても興味が…
でもコレ、なんだか「瘀血」とうまく結び付かない…と言うと、姉はちょっと困ったような顔で、ネットで検索したりするとそんな風になっちゃうんだよね。症状だけで書くからそうなっちゃうんじゃない? つまり血行不良に因る~ってとこで診ないとってこと? そうだね。 
「瘀血」はもっと調べてみたら、
血液が汚れている、血液がドロドロしている、古くなった血液が血管の一部に滞ってしまう、などと表現されていて、
不思議なことに「血行不良」という言葉にわたしが抱いていた画とちょっと違って、なんだかぐっとイメージがしやすくなりました。ドロドロのスピード感が無い感じという印象ではなくて、わたしは勝手に、狭くて量が少なくて細々としてる感じが「血行不良」と思っていたようでした。う~ん!面白い!これだと、さっきの症状も何となく繋がってきたような気がしました。寒いと、冷えるとドロドロするのが血液なんだもんね、血液というマテリアルの温度と硬さ、テクスチャーのイメージがやっと頭の中で関係を持ち始めました。

「蝉退」のつづきを読んで、わー!そーだよな!キチン質って書いてあるー!と嬉しくなって言うと、海老、蟹よね、うんうん♪と母。それからなんと!「甘い」って書いてある!!!!!!甘いの?蝉の抜け殻って!!
かじってみる勇気はなかったけれど、まったく思いがけない点を突かれてびっくり。
姉は、漢方は味も必ず書くんだよ、と教えてくれました。



翌日♪
スタジオにて三者ご対面♪

KIMG0983明度コントカット

この小さなカプセルの中にそれぞれ、こんな未来がまるごと全部しまってあるなんて、種ってほんとスゴイ。
土に植えたらスイッチが自動で入るんだから…。
デーツ、ナツメヤシの木は15~25mにもなれる、100年、場合によっては200年も生きることのできるポテンシャルがあるそうです。
始まりはこんな小さいのに!なんでも入ってる世界、殻に守られた宇宙。


KIMG1111カット

うちの草たちといっしょに、東の太陽を浴びて、どうぞすくすく育ってね。



☆おまけ

3週間前、おさるのジョージのことを書いた時、残念ながら実家で見つけられなかった本がありました。
記事の見出し写真も、全6巻の内、一冊だけ欠けてしまっていて。
その「ろけっとこざる」があったのです!他の本の間に挟まってた!

KIMG0944明度

そして、その中に…

KIMG0893明度コント赤線

やしのきとやしのみ、が♪
じょーじがだいすきって言っている、このつぶつぶはいったいどんなものなんだろう?と。
40年前のわたしは、じょーじがこんなにまでして食いたいと思うんだから、スゴイおいしいにちがいない…と興味津々でした。

KIMG0899明度カット

まさにこれ♪
夢叶いたり。
なぜか、おなじ時に、これとそれがつながりました。