少し間が空いて、インカ道のネックレスに戻ったら、どうも私は、首の根元を調子に乗って曲がり過ぎていたようです。すかさず左の肩を、左下に降る地面を、なぞって往かねばならないのに、このまま行くと、道を外れて空中に反り返ってしまう。崩落した鉄橋の根元の、谷間に突 ...