ザクロをいただいた翌日は、Hちゃんのレッスンでした。
ほんとはわたしたち、たまごを描くつもりだったんだけど、陶器のソレの質感とリアルのそれの質感を鉛筆の細密デッサンで描き分けるっていうトライで、
…でも♪提案♪

これさ、
あ、昨日のブログのやつ(笑)。こんなに大きかったんですね。
②IMG_6128bs

そうなの!すごいでしょ、でさ、とってもひとりでは太刀打ちできないしさ、一緒に食べよ!でさ…
…これを描く?
そー!!!(ドキドキ!)
あ、よかった。描いてみたいなーって思ってたんですよ、うちの庭にも生って、もっと小さいんだけど。でも、なかなか描くには大変じゃないですか。
そうそう!(なんて渡りに舟なセリフなの♡♡♡ありがたや!!!)描き切らなきゃって思うとね、描きどころがあまりにも多すぎて…よかったー!ひとりじゃさ、経験しきれないからさ…でね、もう食べられるって言うんだけど、八百屋さんのおねえさんが。
割れてないんですね。
そうなのよ!
うちのは木で割れちゃってすぐ落っこちゃうから、こんな大きいの落っこちないって…そこがスゴイ。
けっこう華奢なおしりの痕なんだよ、すごいよね、その道のひとがやるってさ、こんなに大きくてキレイな色でさ、やっぱし早めに採って熟すの待ってから出荷するのかしらね、バナナみたいに。でももし早すぎたらどうしよう??
大丈夫だと思います。ただすっぱいだけで、食べられる。

よかった♡Hちゃんはなんでも的確な意見を言ってくれるので、
こんな大物を前に、緊張してわちゃわちゃしているわたしには強い味方なのです!

ザクロってさ、ガーネットじゃん♡
レンダリングのレッスン、ルビーとかサファイアとかエメの着彩でこの前終わってるから、
ちょうどさ、ガーネットのつもりで、単彩っぽい感じて、さらっと部分着彩してさ、そういうのどう?
(うんうん)
③KIMG4214bs

色味的には、見た感じあんまり朱に傾かない感じなんだよな…
パイロープ…っていうかちょっとロードライトっぽい、薔薇っぽい感じだから、ルビーの着彩とそんなに変わらないと思う♪
(うんうん)
④KIMG4269as

この本には赤色系のガーネットとして、パイロープ、スぺサルティン、アルマンダインと来て、
なんでロードライトが載ってないのかしら?でも色味的にはアルマンダインのコレってロードライトっぽい…と思っていたら、
化学成分的にロードライトはパイロープとアルマンダインのあいの子とのことでした。
純粋なパイロープは実は透明、純粋なアルマンダインは紫、なので、わたしがロードライト?と感じるこの色はページのココに分類されていたのだと後で分かりました。
印象的には、燃える眼を意味する、血赤色っぽいパイロープの方が明度が高く、
赤葡萄酒色などと表されるアルマンダインは暗色系な感じでしょうか。
でも実は色彩ではどれとはっきり言うことができないのがガーネットグループのようです。
市場ではパイロープという名前はあまり見かけず、アルマンダインと混同されたものも沢山あるそうです。


さ!!!!!
ではゆこう!!!!!
も、ものすごく緊張して…えっと、とにかくバッテンだよね(汗)…
(うんうん)上だけ切って、あとは…(手でふがっとやる!というジェスチャー)
⑤IMG_6132cs


か、かたいのかと思ったら、そうでもない…
⑥IMG_6136c


このあたりで、いけるかしら?うーん!!!!
はっ!ココ♡♡♡♡♡
⑦IMG_6152cs


粒の顔が見えたから、ますます放心状態(笑)。口開いてんじゃない、わたし(笑)。
今回はHちゃんのカメラもあるから、後で見て思い出も2倍だよ、ほんとにありがとう♡
⑧IMG_6154as


あ、開いた!!!!(やっぱし口も開いてる(笑))
⑨IMG_6158as


ほらあ!!!!!
えらいことになってる、コレ…
⑩IMG_6161as


むきむき…
⑪IMG_6167as


Hちゃんが撮ってくれた動画♪


甘い!!!
うん、甘いよホント…すごいな…これでちょうどいい時期なんだ…完璧に全部熟してる…よかった、これ以上遅くなくって!今日でよかった!!!!
⑫KIMG4244as


Hちゃんの見た粒。
⑬IMG_6175bs


わたしの見た粒。
⑭KIMG4253as


何粒か食べて…
Hちゃん、おもむろに…
あとは描いてからですね。
(うんうん!)

次は描いていきます!